So-net無料ブログ作成
前の7件 | -

2018年に関わりのあった皆様へ。 [回顧]

文章をまとめるのに時間がかかる癖して、20時半過ぎあたりから、おもむろにブログを書き始めて載せられそうな写真もだらだら探している計画性の無さで、2018年最終日が過ぎようとしています。大掃除どころか年越し蕎麦も、今年はついに紅白歌合戦すら見ておりません。東急ジルベスターコンサート2018-2019までにはTVつけたい。駒沢2daysの結果、腰痛悪化して昼間寝てたせい。

20181128_175253.jpg
// 数枚だけ持ち帰ってきた幼少時の写真。これ以外はもう手元に残らないのです //


応援絡みでSNS繋がりのある方々にとって、興味のあるのは浦安のことか、フットサルのことであって、決してワタシ個人のプライベートでは無いでしょうが、2018年を振り返る中で、8月、11月とプライベートである出来事がありまして。

特に11月の方に関しては、今もってなお、全てが落ち着いたわけではなく。
まさか自分の身の周りでこんな事が起きるものなのかという感じです。


20171223_201645.jpg
// 事情を知る関係者も少なくなりました //



応援席の大事な一人だった「らおう様」の日に一番近い試合、つまり、一年に一度だけこの幕を掲げるようにしていますが、その辺りから、人は平均寿命通りに生きられる訳じゃない、明日死ぬかもしれない…という感覚が自分の中に出てきたように思います。生まれてから歩み進んできたと思っていたのが、今は死に向かって歩み進んでいるという感覚。そして今年の出来事によってその感覚はより濃くなった実感はあります。

…何重い話してんだって引き始めた人はさっさと画面閉じてTV見たらいいよ!

こうなると、自分の欲求が段々どうでも良くなってくるというか。いや、欲が消えるわけじゃないんですよ。でも、自分の事とか後でも良くね?みたいな気持ちになるものです。平均的な日本の「フツー」から考えると、たぶん、持たざる側である事の方が多い自分なので、少しくらい欲求出してもバチ当たらないだろうって気はするんですけど。この辺はきちんと言語化すると年をまたぐので適当に止めておきます。

一方で、無駄だと感じる事に労力を費やしたくない気持ちはより一層増しまして。この間帰省したら母親にまで『合理的な考えするのね』と言われましたし、ネガティブな感情を持って接して来られる方に対して残り少ない時間を使うのは本当に勿体ないので、大事な時間は大事な人達のために使っていきたいのです。

20180330_151140.jpg
// 前職場の近くにて //


2018年1月1日のtwilog(→これ)見たら『To Doの一番上は、生きるためのお仕事を何とかすること。』と呟いてました。そして実際、4月から今までとは全く違った業務に従事し始めることに。企業文化違いすぎて面食らう機会も多々ありましたが、この年齢になっても『分からない事が分かるようになるって楽しい!』があるのでエンジニア向いてるのかもしれない。

でも、twitter界隈だとスーパーエンジニアしか見当たらなくて、あんまり偉そうなこと書いてマサカリ投げられたくないから、これまでと変わらずひっそり頑張る。

"Live as if you were to die tomorrow.
Learn as if you were to live forever."


マハトマ・ガンジーさんのこの言葉を常に忘れない、エンジニアとしての生きる道。

20181229_184507.jpg
// 浦安の未来を紡いでいくのはプリメーロだけじゃないよ //


2018年1月の全日本選手権関東大会(セグンド)に合わせて文言を一部貼り換えたビニテ幕と共に、4月からの新シーズンは戦ってきました。サポーターごときが戦うという表現を使うのはおかしいと思われるかもですが、一緒に戦って一緒に苦しんでたから。勝手に思ってる。勝ち試合だけ、喜べる試合の時だけ一緒に喜ぶなんて、そんなご都合主義じゃないもの。

でも、昨季チームの3巡目のがよっぽど辛かったし、もっと言えばここ数年のこの時期はずっと辛かった記憶しかないので、過去のあれやこれやを思えば、目指す未来が見える今季チームは間違いなく楽しくなるって信念みたいなのはあったよ。ただひたすら勝てない!ことを除けば(苦笑)そんなに辛いものでもなかったなーと。

そんでもって2019年はもっと楽しくなると思うのです。
だからどんな時でも楽しんでいこーぜ、って。

20181222_154442.jpg

ということで、本年2018年も有難う御座いました。
関わりのあった皆様すべてに感謝と愛を込めて。


2018/3/11 全日本選手権決勝ラウンドでの岩本選手(もっさん)に向けた企画の報告とお礼と。 [┣ 浦安 応援]

8か月ぶりくらいのブログ更新ですが、みなさまいかがお過ごしでしょーか。

20180311_1.jpg

本日3/11の第23回全日本フットサル選手権大会をもって2017-2018シーズン、終了となりまして。今季も浦安な皆様お疲れさまでした。

そして(毎度コルリでもないお前が書くな的な節もありますでしょうが、SNSベタな人応援席に多すぎなんじゃ!)応援席から発信する応援に関しても、今季ご協力いただきありがとうございました。

本題の前に個人的な話をしちゃうと。

試合会場で、挨拶を、言葉を、交わす方々がおかげさまで今季また増えました。プリメーロのシーズンとしては久々になかなか厳しい試合の続いた1年で、帰りに笑顔で挨拶できる機会は少なかった訳ですが。そういう年にあっても一緒に応援できる仲間の存在が心強く思えたシーズンでもありました。5月のオーシャンカップはバンコク行ってて丸々欠席でしたが、リーグ33試合と全日本選手権6試合と、ワタクシも1年戦い抜きましたので(笑)。自分で自分でホメられるくらいには、自己肯定できる年齢になったわ。

20180311_6.jpg

本題。

今季をもって浦安を離れる人がいつになく多く、そんな中でも、岩本昌樹選手、もっさんが2017-2018シーズンを持って現役引退するということで。

エコパアリーナでの一次ラウンドを勝ち抜き、駒沢での決勝ラウンドに帰ってくることが確定してから、以下の二つを大急ぎで準備してきました。

1) 岩本昌樹選手のメッセージ付き応援歌詞カードの作成とコピー
2) 岩本昌樹選手が付けていた10番のボードの印刷



20180311_7.jpg
応援歌詞カードのメッセージは、3/7(水)の公開トレーニングでお願いしました。コピーした分は、今日で全部配りきりました!が、需要があればいつでもコピーは出来ます。


1), 2) どちらも、3/9(金)から今日3/11(日)までの3日間通して配布。

ご自由にどうぞ、と置いておいたところ、特に10番ボードは、掲げているのを目にしてからか、あるいはクラブ公式SNSに載る写真などで目にして下さったからか。はたまた、準決勝前にはクラブ公式twitterアカウントまで↓このツイートをRTして拡散してくれたおかげか。わざわざ取りに来て下さる方が本当に多くて、会場のそこかしこで掲げてくれていて、嬉しい限りでした。





20180311_2.jpg

20180311_3.jpg

準備期間が少なく、ボード印刷費用がちょっと高めにかかったのもあり、費用について協力者をSNSを通じて募ったところ、本当にたくさんの方にご協力頂きました。

1)ボード印刷代、2)応援歌詞カードコピー代 の費用が十分に捻出できるほどご協力頂き、プラスして、今日の試合後もっさんへ渡した花束もそこから費用を捻出させて頂きました。応援席でボードの裏に一言メッセージを募ったものも花束に添えて。

20180311_4.jpg
花束のセロファンの所に止めてある赤封筒の中身がメッセージ。

花束と、寄せ書きメッセージは2日目試合後に急遽思いついて、今日の3日目、費用のご協力頂いた方から先にメッセージを頂くようにしていましたが(事前に今日来られない事を知っている方の分はメッセージ伺って代筆しました)、もし万が一、漏れがあったら本当にすみません...。


20180311_5.jpg
ついでにと言っては何ですが、かつては、もっさんのお抱え運転手だった(笑)彼にも花束を!
格差社会なんでスタンドからは渡しませんでしたが、不意打ちで橋谷を泣かせることに成功したのをここにお知らせしておきます。いえーい。


報告。

======================================
コピー代 @9  156枚  1,404円
ボード印刷代 200部   4,940円
花束2束         5,670円

合計 12,014円
======================================

かかった費用の内訳は以上です。

コピー代は、Kinko's を利用しています。
10番ボードの印刷は、デザイン出来る素敵女子・なっちゃんのおかげです。


対して、18グループ(個人/家族いろいろなので)から、3日間合計で 22,000円ご協力頂きました。一人一人のお名前を列挙するのは控えたいと思いますが、本当に皆様ありがとうございました。

今回かかった費用を差し引いても約1万円ほど余剰していますので、これはまた次回、浦安な方々にお手伝い頂いて何かする時まで取っておきます。


最後にあらためて、ご協力頂いた方々ありがとうございました。
そしてバルドラール浦安に関わる全てのみなさま今季お疲れさまでした。
来季また試合会場でお会いしましょう。


シーズンオフだーやすめるぞー!(笑)

7/1(土)開幕、第1回関東大学フットサルリーグ2017、ちょっとしたまとめ [┣ 関東大学]

【追記】Twitterアカウントで選手一覧出していたチームの情報を追記しました。

2015年、2016年と2シーズンに渡るプレリーグ期間を経て、2017年、第1回関東大学フットサルリーグが今週末 7/1(土)にスタートします。するんです。するよね?

自分の分かる範囲で、主に試合会場情報と、参加チーム情報先(リンク)をちょっとだけまとめました。たまーにのんびり大学生観に行くレベルのライトなファンが書く個人ブログ情報です。実際に観戦する際には、公式情報をご自身で確認した上での楽しい観戦ライフをどーぞ。すべては at your own risk で。


1. リーグ情報を得るには
2. 試合はここでやってます、試合会場
3. まずは行ってみよう、7/1(土)開幕節カード
4. 気になるあの子をチェックだ、2017年参加チーム
5. おまけ


1. リーグに関する情報

関東リーグの枠組みには入れてもらえたらいいなー(後日でも試合記録は見たいんだよー)って個人的感想を抱きつつ、試合日程および試合結果速報は、FBページならびにtwitterアカウントがあります。

関東大学フットサルリーグFacebookページ
https://www.facebook.com/KFFCFL/

関東大学フットサルリーグTwitterアカウント
https://twitter.com/kffcfl

2. 関東大学フットサルリーグの試合会場について

2017年関東大学フットサルリーグは下記の会場で開催。いずれも大学構内の施設のため、観客向けの駐車場、駐車スペースはありません。公共交通機関を使いましょう。それでもどうしても車移動したい方は大学周辺のコインパーキングをあらかじめ探しておきましょう。

・多摩大学 多摩キャンパス スポーツアリーナ
・横浜市立大学 金沢八景キャンパス 総合体育館
・順天堂大学 さくらキャンパス 第1体育館内 コスモホール

前述したFBページに、
多摩大学以外は観戦スペースが少なくご迷惑をおかけすることもあると思いますが、一般の方も観戦可能なのでぜひ一度お越しください。

と記載されていたとおりで、観に行ってみようと思い立った方が初めて行かれる際には多摩大開催日をオススメする所存ですが、各会場について。

多摩大学 多摩キャンパス スポーツアリーナ
※観客上履き不要

20170129_160212.jpg
2017年1月の第2回関東大学プレリーグ時。

20170716_092516.jpg
【2017/7/16撮影写真追加】

20170701_092513.jpg
【2017/7/1撮影写真追加】スポーツアリーナの入口です。ドアが閉まっている時は、中が見えずに不安になりますが、勇気を出してドア開けてみましょう。

多摩大学公式サイト
http://www.tama.ac.jp/
多摩キャンパス アクセスガイド
http://www.tama.ac.jp/info/guide_tama.html
↑アクセスガイドページの下の方に、構内案内あります。

多摩大開催日をオススメする理由は、唯一、固定の観客席が備わっているアリーナだからです。席があるのは一面側のみですが(写真に見えるとおり、他の面も、上に若干席がある)席数かなりあります。さほど周囲の視線も気になりません。観客席は上履き不要でそのまま行けます。飲料の自動販売機もアリーナの入ってる棟に設置されてる。土曜開催だと、アリーナの向かいにある綺麗な棟1Fのセブンイレブンも昼過ぎまで開いてました。

ただ、半屋内のような形で冬に観戦する際は寒いです。防寒必須。来年1月、2月のリーグ戦が予定されていますが、この時観戦する場合はなかなかの忍耐が必要ではないかと。初年度のプレリーグで2月に観に行った時は凍えました。

交通手段としては、永山駅 or 聖蹟桜ヶ丘駅からの路線バス利用になります。バスの本数は時間帯にも因りますが10-30分おきくらいにありますので比較的行きやすい印象です。


横浜市立大学 金沢八景キャンパス 総合体育館
※観客上履き必要

20170812_094857.jpg

20170812_094902.jpg
【2017/8/12撮影写真追加】

横浜市立大学公式サイト
http://www.yokohama-cu.ac.jp/
金沢八景キャンパス 交通アクセス/キャンパスマップ
http://www.yokohama-cu.ac.jp/access/hakkei_campusmap.html

昨季のプレリーグで観戦した際、ピッチレベルは2階ですが、観戦はそれよりも一つ上の3階にある、ランニングトラックから見下ろす形での観戦です。(8/12撮影写真を追加してますが)座る席がある訳ではないため、立ったままか、座って透明アクリル越しに見るか。前後の試合に出場する選手たちも、同じランニングコースで準備やミーティングしていましたので、その辺りも注意しながら観戦場所を確保した方が良いかもしれません。総合体育館自体が土足禁止のため、上履き必須。B1F入口に下駄箱ありましたが、可能な限り土足入れ(ビニール袋など)も持っていくと良いです。飲料の自動販売機が、体育館入口に向かう階段付近にありました。キャンパスマップの情報だとコンビニもあるのでしょうか。。。

夏場に行った時は1試合に1本ペースで500ml飲料を消費した覚えあり、夏は暑く、冬はきっと寒いです。金沢八景駅から歩いていけることもあって、3会場の中では一番アクセスしやすい場所にあります。

順天堂大学 さくらキャンパス 第1体育館内 コスモホール
※観客上履き必要

20160116_120909_02-36dca.jpg
2016年1月の第1回関東プレリーグ時。当時のブログ記事はここから

学校法人順天堂公式サイト
http://www.juntendo.ac.jp/
順天堂大学さくらキャンパス 交通アクセス
http://www.juntendo.ac.jp/hss/access/index.html

観戦は写真のとおりピッチレベルで。人が少なければベンチで座っての観戦可能ですが、こちらも前後の試合に出場する選手たちがいると座れない場合あります。観戦スペースがちょっと狭いので、3会場の中では一番観戦するのにハードルが高い場所かも。屋内空調は順大が一番快適だったかと。飲料の自動販売機もあった筈。それ以外は1回しか訪れてないので、誰か教えて下さい。

交通手段は、酒々井駅からバス もしくは歩き。バスで向かいましたが、大学前について大学入ってからも、方向音痴の私は大学構内で迷いかけました。
---
ピッチサイズに関しては、 横浜市立大学>多摩大学>順天堂大学 の順で、たぶん横浜市大が一番広いです。多摩大と順大は 40-20ないですね。

3. 7/1(土)開幕節カード

開幕節カードは以下FBページにもありますが、



2017/07/01(土)
第1回関東大学フットサルリーグ第1節(多摩大学多摩キャンパススポーツアリーナ)
10:00 慶應義塾大学体育会ソッカー部-慶應義塾大学エルレイナ
11:45 横浜市立大学フットサル部-多摩大学体育会フットサル部
13:30 東京大学さんぱち先生-東京国際大学体育会サッカー部
15:15 明治学院大学フットサル部-桐蔭横浜大学フットサル部
17:00 東京工業大学トーキョーテック-順天堂大学ガジル


開幕節なので、私も多摩大へ行きます。寝坊さえしなければ第1試合から(平日に会社行くよりも早起きが必要)。私は好みがけっこう偏ってるので、このチームおすすめ!この選手おすすめ!ってのを大々的に書けないんですが、開幕節としては面白い対戦揃いなんじゃないかなって。数チームは、翌週の、全日本大学フットサル大会関東大会を控えていることもありますしね。


4. 2017シーズン リーグ参加大学情報

2017年シーズンは11チームとのこと。プレリーグに参加しておらず、今回のリーグから参加するのは明治学院大学フットサル部と横浜桐蔭大学フットサル部。ちなみに、2016年のプレリーグは11チーム、2015年は9チームで行われてました。

以下、参加チームの情報先(サイトとTwitterアカウント)。書いてる順番は開幕節の順序です。サイトを持っているチームは、選手一覧ページだけでも、出来れば今季分にアップデートしておいてくれると非常に嬉しい。

慶應義塾大学体育会ソッカー部
http://keio-soccer.com/
https://twitter.com/keio_soccer1927

2016年の第2回プレリーグ参加、2年目。
選手一覧は写真付き→ http://keio-soccer.com/club/player


慶應義塾大学エルレイナ
https://twitter.com/keioelreina

2015年の第1回プレリーグから参加、3年目。
サイトもありましたが、選手一覧に3月で卒業した子がまだいたのでリンク載せませんっ。

選手一覧はTwiiterに出ておりました。




横浜市立大学フットサル部
https://verdade2010-11.jimdo.com/
https://twitter.com/verdade_ycu

VERDADE(ベルダーチ)。
2015年の第1回プレリーグから参加、3年目。
サイトに載ってる選手一覧は今季なのかどうか不明…。


多摩大学体育会フットサル部
http://www.tama.ac.jp/futsal/
https://twitter.com/tamafutsal

2015年の第1回プレリーグから参加、3年目。
選手一覧は写真付き → http://www.tama.ac.jp/futsal/member/


東京大学さんぱち先生
https://twitter.com/sampattisensei

2015年の第1回プレリーグから参加、3年目。
2015年の第1回プレリーグ優勝。

選手一覧はTwiiterに出ておりました。












東京国際大学体育会サッカー部
http://www.tiu.ac.jp/sports/football/
https://twitter.com/tiu_fc

2015年の第1回プレリーグから参加、3年目。
選手一覧→ http://www.tiu.ac.jp/sports/football/members/
コーチ陣を何気なく見ていたらフットサル指導者もコーチにいました。

明治学院大学フットサル部
https://twitter.com/sa_jugaria

SAjugaria。
今季2017年から参加。


桐蔭横浜大学フットサル部
https://twitter.com/fc_eggplant

Eggplant。
今季2017年から参加。

選手一覧はTwitterに出ておりました。




東京工業大学トーキョーテック
https://tokyotechfutsal.com/
https://twitter.com/TTechFutsal

2015年の第1回プレリーグから参加、3年目。
選手一覧は写真付き→ https://tokyotechfutsal.com/member


順天堂大学ガジル
https://twitter.com/gazil_juntendo

2015年の第1回プレリーグから参加、3年目。
GAZILは、Twitterでしっかり試合速報して下さってます。選手一覧なくても速報ツイートのおかげで大体分かるようになる。


流通経済大学体育局サッカー部
https://www.rku-fc.jp/
https://twitter.com/rku_fc

2016年の第2回プレリーグから参加、2年目。
2016年の第2回プレリーグ優勝チーム。
選手一覧→ https://www.rku-fc.jp/player

5. そのほか

過去のプレリーグ結果(最終順位)もまとめておきたかったので時間切れでした。あとで付け足したいと思います。


旅の収支帳(2017年5月/タイ・バンコク編) [┝ 秦国]

今後の自分向け、
2017/5/16-5/21 5泊6日の旅程に関してかかった費用をざっくりと。

20170515_224153.jpg

◎羽田-香港-タイ/タイ-香港-成田
 航空券(諸経費込み) 55,340円


3度目のタイにして、初めて経由便。

5/16(火)のグループ予選1試合目の試合開始が現地時間15時で、当日入りの直行便がスワンナプームでもドンムアンでも14時前後到着予定。ちょっとでもディレイになると試合開始に間に合わないだろうと。

今回何よりも初戦に行きたかったので、試合開始に間に合わないのは避けたかったので、この時点で当日入りでの直行便は選択肢からなくなりました。

とは言え、さすがに丸々一週間、職場を空けるのは難しいよねー、とAIRを取る時には思っていました(実際には 5/15 休んでも良かったなという業務状況でした、どんまい!)。

前日月曜の定時までは仕事をしてから向かう便をいろいろ検討…している内に、安い便がどんどん無くなるお約束の展開を経て、香港経由でのキャセイパシフィック/キャセイドラゴン となりました。

往路の羽田→香港の往路がキャセイドラゴンで、それだけ座席が狭かった印象。機内食はうーん、まぁ食べられるかなというレベル。

航空券を購入したのはDeNAトラベル。ネットでの事前座席指定が出来ませんでした。往路は、当日に自動チェックイン機での座席指定。復路は、有人でのチェックイン時に窓側か通路側かを尋ねられました。GWが終わったばかりというのもあってか、通路側の希望がかなえられて良かったです。

あと、腰痛持ちとしては、4時間程度のフライトであれば影響も少なかったので、経由便もありかなっと。復路便は乗り継ぎ時間が4時間以上あったんですけど、香港国際空港のwi-fiが快適で、ショッピングせずとも時間をつぶせるというのが個人的には非常に素晴らしかったです。


◎滞在宿泊費
5/16-5/19 FX Hotel Metrolink Makkasan(3泊)10,752円
5/19-5/20 アソーク近辺で民泊(2泊)4,500円


民泊については、町田サポーターに乗っかってお邪魔した。

今回の遠征で観戦する4試合の試合会場がすべてRamkhamhaeng駅が最寄りの Huamark Indoor Stadium で、乗り換えの手間を考えたら、一人でいる時に、何もムリして観光しやすい場所を選ぶ必要もないだろうと、エアポートレイルリンク(ARL)と地下鉄(MRT)の乗り換え駅である、Makkasan駅そばのホテルにしました。

スーパーやコンビニがすぐ近くにない、選べるだけの飲食店が近くにない、などの不便はありつつも、フロント対応の方がとても丁寧で過ごしやすかったです。

町田サポーターと合流してからは、そこから歩いて10分ほどで行けるタワーマンションに民泊しました。自力じゃ到底選択肢に入ってこない民泊でしたが、長めの良いマンションで快適でした。

20170519_121034.jpg
と書きつつ、長めの良さが分かる写真を撮ってなかったり。

初めてタイを訪れた2008年の頃に比べたら、ホテルはそこまで豪華でなくてもいいや、ってなってるので、宿泊費は下がってきています。


18424063_1388783754533688_7143758925605765021_n.jpg

◎旅に向けて事前購入したもの。
収納グッズ、衛生用品、トラベルコスメ、レインコートなど 1,194円
度付きサングラスと、通常のメガネと(JINS)13,500円
タイガイドブック2冊 1,590円
日本代表番号入りタオルマフラー 2,169円


似たようなガイドブックがなんで2冊あるかというと、2016年版についてオークション入札していたのをすっかり失念して、2018年版をネット書店で注文。その翌日にオークション落札のメールが届いて思い出したという鳥頭っぷりを発揮(苦笑)。

2016年版には載っていないお店が2018年版には掲載されていて、2年の差は大きいと思いました。旅慣れた人ならともかく、初めてのバンコク!って方で、目的の大半が観光、ショッピング、食べ物な方は最新版買うことをおススメしておきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

るるぶタイ バンコク・アユタヤ(’18) (るるぶ情報版)
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/5/28時点)




こだわりカフェ特集ページに書かれているカフェを利用できたので、買った価値はある!

◎wi-fiレンタル 4,627円
 タイ 4G LTE - WiFi型(4G-LTE):6日間×1台
 安心補償パック フル:6日間×1台


結果的に毎回グローバルWiFiさんのお世話になっている気がする。ホテルがwi-fi無料でも、街中でネットに繋がれないと、方向音痴としては死活問題なのです。4,627円で旅先の安全を買ったと思えば安い!(いい大人なので、お金で解決できるレベルのことはお金で解決します)

◎自宅から空港までの交通費 2,580円
 葛西-羽田空港国際線ターミナル 1,050円
 成田空港-葛西 1,530円

◎羽田空港免税店で購入した商品代 2,800円

行くまではタイコスメを買いまくるつもりでいたこともあって、出国前の免税店では今回買うつもりなかったんですよねぇ。いつもは事前に販売商品チェックするのに今回全くしていなかった。

20170516_003440.jpg
買ったことは後悔してない!記憶にある、懐かしい香りに似ていたから!

そして買った商品のシリーズが国内では入手できないことが帰国後に判明し、だったら同シリーズの他商品も買っておくんだったと後悔しているワタシがいます。だ、だれかーこれから海外行く方いませんか。

◎現地でのuber(タクシー配車アプリ)利用額 1,162円

◎現地で両替した金額 40,000円

交通費はさほどかかってないんです。タクシーを使ったのは前述のuberで、復路に合わせて空港向かった時の一回きりなので。

バルドラール浦安のサプライヤーになったばかりのWARRIXショップで、『行商はじめるの?』レベルでいろいろ買い込んだのと、そこに行く前に、Erbというタイブランドのコスメを見に高級ショッピングセンター行って、BAさんの接客に気を良くしてそれなりに良いお値段の商品を買ったのと。あとは一回だけ豪勢に飲み食いしたことくらいですかね!


確定していない民泊の分も含めると、
ざっくり15万円くらいでしょうか。。。


2017/04/23 Fリーグのオフシーズン中、Bリーグ・千葉ジェッツを観に行ったよ。 [┗ 観戦]

タイトル通りのブログ記事です。
最初に書いておきますが、長いです。

IMG_20170427_223255_processed.jpg

シーズンオフくらい、違うもの見てリフレッシュしよう!という気持ちと、違うもの見て吸収していこうじゃないか!という気持ちを持って、千葉ポートアリーナまでB1リーグを観に行ってきたのが先週日曜日のこと。もう1週間も前です。

吸収したところで、還元できるフィールドがある訳ではありませんが、エンジニアたるもの、インプットしたらアウトプットするまで、が務めです。


0. 書いてる人
1. 観に行くまで
2. 千葉ジェッツ-仙台89ers 観た感想を書くよ
3. 写真をまじえて細かな感想をつらつら書くよ


0. 書いてる人


流行りに乗っかると、お前誰だよ!と突っ込まれそうなのと、普段とは違う方々が読む可能性があるので、さらりと書いておきますと、普段は日本フットサルリーグ/Fリーグに所属するバルドラール浦安の応援席にいて、公式戦を約9割強観に行く人です。あと、その浦安の下部組織を観に行ったり。フットサル観戦歴たぶん16-7年目くらい。その割にはフットサル関係の知り合いが少ない。

かつては浦和レッズのシーズンホルダーでしたし、フットボール好きです。他のスポーツだと、年に1回程度は海浜幕張でプロ野球観たり、数年に1回くらいタイミングがあえばアイスホッケーチームを観に行くこともありますが、最近行けてなかった。

1.観に行くまで


何はともあれ、話題のBリーグです。

B.LEAGUE(Bリーグ)公式サイト → https://www.bleague.jp/

開幕戦が民放地上波とNHK-BSとで放送されて、シーズン、どこのアリーナでの試合も軒並みお客さんが入っているイメージがあって、その華やかなイメージに同じ屋内競技としてFリーグ関係者がジェラシー感じてる…ような言葉もたまに目にする。そんなBリーグです。

個人的に、Bリーグの注目度の高さを感じたのは、TV中継よりも、むしろ身近で見かけたこんな出来事でしたね。





船橋アリーナも千葉ポートアリーナも、どちらもかつて訪れたことのあるアリーナですが、バスケで足を運んだことはこれまでありません。唯一、バスケを生で観戦した記憶があるのは、現・千葉ジェッツネクストが千葉ピアスアローバジャーズだった頃、浦安市総合体育館で試合あった時にふらりと行った一回だけ。

幸い、フットサル観戦で仲良くして頂いている方が、今季、千葉ジェッツも観に行っているらしい、ということを知り、一緒に観に行ってもらえるようお願いしました。

バスケのルールを全く分からない自分の疑問に呆れず試合中応えてくれる方がいたのは、非常にありがたかったです。あず先輩、ありがとう。(※先輩って言ってますが、自分よりも年下です。自分よりも年下ですが、バスケ観戦では先輩ってことで!)

IMG_20170427_225629.jpg

どんな選手がいるのかなどの予備知識を入れてしまうと、そのイメージを持って見てしまうかなと思ったので、観に行く予定が決まってからの予習は特にしませんでした。

ただ、飲食売店どの程度あるの?(そもそもあるの?あるよね?)というところは気になり、前日に公式サイト見たらよく分からず。千葉ジェッツの公式Facebookページを見たら、ビール販売ブースが2Fのみ、と書かれてあって「よし!ビール売ってる!」と。

2.で、さっそく千葉ジェッツ-仙台89ers 観た感想を書くよ



20170423_153331.jpg

分かりやすい楽しさに溢れてるなぁBリーグ。

(サッカー/フットサルと違って)1試合の中でたくさん得点入るから、入るたびに盛り上がれる。しかも応援はアリーナDJや音楽などで誘導してくれる訳で、深く考えなくても圧倒的にホームチーム有利で盛り上がれる。入場口で配布されたプログラム中央の「GO JETS」と書かれたところを掲げるなど盛り上げる小道具も揃っている。要所要所で盛り上げてくれるチアの方々が上手くてかわいくて美人揃い。可愛いは正義。ホームゲーム楽しい。近いからまた観に行こう。

初めて観に行って、たとえルール分からなかったとしても、これは楽しいですよ。誤解を恐れず書いてしまうと、国内でやるサッカー日本代表戦もみんなでわいわいやれるから楽しい、って印象を今は受けることがあるので、あれに感じに近いのでしょうか。

つまり、もっと踏み込んで言ってしまうと、あれです、

リア充的な楽しさに溢れています(笑)。

だから、Bリーグ行きたい、って人が多いのも非常によく分かりました。だって楽しいもの。

あとは、盛り上げるための演出にも、運営にかける教育にも、たぶんものすごくコストかけてるよねって部分は多々見受けられまして。バスケットボール業界の方々の並々ならぬ決意と努力もあるのだと思います(自分もwikiに載るような次元の話しか知らないけれども)。前段で書いた自分が普段観ているスポーツとの比較うんぬんってのは感じなかったのです。むしろ、ヒントいっぱいあるよね、同じ屋内スポーツだし!って。

リア充なる言葉とは無縁に生きてきた自分ですが、そんな自分でも、初めてのBリーグ楽しかったです。千葉ジェッツは集客力もある上に強い、って面があり、一度Bリーグ観に行こうかなと思ってる方にはオススメしたいです。はい、KEIYO TEAM 6 としても。

ただ、今季レギュラーシーズンでのホームゲームは明後日 5/3(水/祝)が最後…指定席完売してしまって残るは自由席だけのようですが、千葉ポートアリーナが満員になったらさぞや壮観。

【5/2追記】自由席も完売したそうで。
千葉ジェッツ公式サイト→ https://chibajets.jp/

これだけ盛り上がってる千葉ジェッツのホームゲームだけではなく、他のチームのホームゲーム、できればB2リーグ、B3リーグも観に行ってみたいという感想を試合後に抱いたわけですが、どのチームもGWでレギュラーシーズンが終わってしまい、残りはプレーオフ、入替戦くらい。

この辺は9月以降に始まる来季に向けて、日程調整しようと思っております。Bリーグ行ったことをtwiterで呟いたら、長い付き合いの友人が東京サンレーヴス好きだったしね。

東京サンレーヴス公式サイト→ https://www.tokyo-cinq-reves.jp/


3.写真をまじえて細かな感想をつらつら書くよ



以降は、この日撮った写真と共に、好き勝手に感想を書くよ。


20170423_131512.jpg

千葉みなと駅で、あず先輩と、Mさんと合流した後、歩いて千葉ポートアリーナへ。2F入口入ったところで選手パネルがお出迎え。『今なら(パネルと)一緒に写真撮れますよ?』と言われて、ざざっと顔見て、27番がいいですねって言ったら『顔の好みが分かりやすい』一般的?みたいに言われる。それから11番の選手がちょっと変わってると教えてもらう。

20170423_131521.jpg


20170423_132712.jpg

時代はインスタ。
この手の小道具もリア充好きだと思うので、こういうのはつくっておこうぜー。

20170423_132955.jpg

グッズ類充実。

応援ウェアはユニフォームではなく、Tシャツ主流でした。全12選手入りのポストカードセットが完売していて、買おうとしていたMさんが悲しみに打ちひしがれていた。

20170423_133712.jpg
20170423_134510.jpg

いつぞや、蘇我でジェフ観に行った時は並ぶ元気がなかった「喜作」があったので、お酒のつまみに購入。

57RP4Z1I.jpg

そして写真撮ってるところを盗撮される。

20170423_134931.jpg

このサイズのピザ、酒呑みには嬉しいつまみである。普段応援している時はお酒飲めないので、こういう時には呑みます。

20170423_134941.jpg

ベンチとは反対側の1F指定席。2F席からだと視力の悪い自分は確実に見えないだろうと思ってましたので、ここで正解でした。見易くて良かった。ショーも、試合後の発表もこっち向きでやってくれたので。

初めて観るなら、できるだけピッチに近い席(指定席)オススメ。


「バスケは、会場着いてからウェア着るのね。ユニがノースリーブだからレプリカじゃなくてTシャツなのね」ってメインアリーナ入ってからTシャツ着始めたところのあず先輩に言ったら、『家から、朝からユニ着て試合会場行くのは浦和レッズの人達だけだから!ホテルの朝食の時からレプリカ着てる人見てビックリしたことあるから』みたいに返されました。まぁ、そーですね、否定はしません。


20170423_141455.jpg

こんな感じで。照明演出できるのは羨ましい。

20170423_142322.jpg

そうこうしている内に選手入場。

20170423_144342.jpg

チアリーダーズ "STAR JETS"のお姉さま方が美人ー。そしてチアが半端なく上手かった。他のスポーツでも演出でチア見ることはありますがレベルが違いました。チア見るだけでも楽しいよ。

20170423_153023.jpg

20170423_153032.jpg

アリーナDJの掛け声に合わせて、「GO JETS」を掲げるの図。
これは盛り上がる…ただ、バスケだから出来る部分はあるかなぁと、ゴール裏席が主戦場の自分は思ったりもしました。フットサルだと試合中ずっと音響をかけることはないだろうし。

20170423_153307.jpg

すぐ近くで、お手製ボードやらお手製応援ウェア?やらで、愛溢れた男性の方がおりまして。こういうのいいなぁ。しかもあんまり若そうじゃないところが良い。

20170423_160422.jpg

入場口の全選手パネル一覧では27番石井選手の顔がいい、と言いましたが、試合始まってすぐ、2番富樫選手が、素人にも分かりやすいくらいの上手さでした。パスが凄かった。あず先輩に『あれが富樫選手、オールスターでダンクシュートを』って言われて、ああ!と。

あと、44番伊藤選手の、こう全体的な体のつくり(筋肉とか骨格とか)がいいなーとか、そういう、いかにも素人な感想を抱きながら試合観ていました。しょうがないよ!NBA流行った時にTVでバスケけっこう見たけど、ルール覚える気なかったもの(酷い)。

あず先輩『NBA流行った、ってどの時期?何回かあるよね?』
自分  「・・・(え?そんなにあったの?)」
あず先輩『マイケルジョーダンとか』
自分  「ああ、そうそう」
あず先輩『〇■▽△〇〇●とか』←すでに分からない外国人選手の名前
自分  「・・・(眉をひそめる)」
あず先輩『〇〇■〇●▽△とか』←またしても分からない外国人選手の名前
自分  「・・・(怪訝な顔をする)」

というレベルです。

20170423_154454.jpg


自分  「これは何?」
あず先輩『え、そこ聞く?』←ちょっと呆れていた気がする

そんなレベルなので、プログラム2ページ目に記載されていた選手一覧の横に書かれている アルファベット2文字が何を指すのか当然分かりません。ちなみにこれを書いている今も分からないままです。

20170423_162244.jpg

あと、アップの時から気になったのはスーツの着こなしが他のスタッフとは違っていたこの方!これは、あず先輩も分かっていなかった。うちで言うと、橋谷データコーチ的存在なのかしら、等とそんな話をしていた。

20170423_170111.jpg

20170423_170500.jpg

試合後に、来季のリーグ開幕前に開催される アーリーカップ戦についての発表があり、その際、大型ビジョンに映し出されていたこれ。千葉ジェッツしかり、Bリーグしかり、SNSの活用は本当に上手いと思うの。場内DJがハッシュタグのことをアナウンスするだけじゃなくて、これ一枚準備しておく辺りもそう。


なお、この日の試合は、
千葉ジェッツ 102-61 仙台89ers
と大差をつけてジェッツ勝利。

点差がついてしまうと後半(3Q、4Q)ちょっと盛り上がりに欠けちゃったのは、バスケに限った話ではないかと。サッカーだってフットサルだって大量得点で勝った試合よりも接戦をモノにした勝ち試合の方が印象にも残るもの。

試合会場からの帰り道、「ブーイングが(サッカーと比べて)優しいよね」って言ったら『今日は大差がついたのもある、順位が近いチームとの対戦だとそんなに優しくない』との話でした。

来シーズンは、船橋アリーナでのホームゲームで、順位が近い(あるいは上位)チームとの対戦を観に行くべきなのか、ってことで素人観戦感想を終わります。

最後にもう一度、あず先輩ありがとう!
これに懲りずにまた解説付きでお願いします。

【自分メモ】みたびタイへ(AFC U-20 FUTSAL Championship THAILAND 2017 への道) [┝ 秦国]

みなさまが存在を忘れた頃に記事更新するブログです。

タイトルの通り、三度目のタイに向けた自分メモ的なそれです。
ただし、トランジット1泊も含めると四度目ですね。

一度目は2008年5月、AFC Futsal Championship THAILAND 2008



二度目は2012年11月、FIFA Futsal World Cup THAILAND 2012



そして今回、2017年5月は
AFC U-20 FUTSAL Championship THAILAND 2017 です。

AFC公式>AFC U-20 FUTSAL CHAMPIONSHIP
http://www.the-afc.com/competition/afc-u-20-futsal-championship

JFA公式>日本代表>U-20 フットサル 2017年> 最新ニュース一覧>AFC U-20フットサル選手権タイ2017(5/16~26)組み合わせ決定
http://www.jfa.jp/national_team/u20_futsal_2017/news/00013128/

大会開催地がタイに決まってから、タイならまた行きたい、と思い、
勤務先にも「5月に連続して有休取っていいか」と2月頃から言ってました。

そんなこんなで来月タイへ行ってきます。


組み合わせと日程については既に出ているものの、
前述したAFC にも JFA にも記載されていないので、
以下タイのフットサルリーグのFacebookページより。




自分が行く予定なのは、5/16の初戦から予選4試合全て。

丁度その時期、Fリーグは北海きたえーるでのオーシャンカップ開催真っ只中。
ですが、今回行くからには初戦に行きたい(初戦を応援したい)というのがあり、

オーシャンカップは欠席です!

と今の内に言っておきます。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

地球の歩き方(D 18(2016〜2017年) [ ダイヤモンド・ビッグ社 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/4/19時点)




全日本フットサル選手権決勝ラウンド向けに小旗買いました、という話 [┣ 浦安 応援]

対外的に長文を書くならばBlog でしょう、ということで
ポッカリと予定が空いた日曜昼間に引きこもっております。


20170310_132927.jpg

twitter でも呟きましたが、
今季2016-2017シーズン、浦安な皆様お疲れさまでした。

偉そうにお前が書くな、と思う節もありましょうが
SNSマメにやってるの自分くらいだろうから書きますと、
応援席から発信する応援に関しても
ご協力いただきありがとうございました。

代々木にデカ幕(後方の壁面に貼られた赤黒の幕)を持っていくのは
自分がやりたいからやってる…とは言うものの、
浦安市内からの行き帰りに車に乗せて下さった御方も、
昨日に限らずですが、掲出時と撤去時にお手伝い下さった方々も
本当にありがとうございました。

20170317_200544.jpg

本題。

先週日曜のエコパで決勝ラウンド進出を決め、
浦安に戻ってきてからの1週間、
クラブは『#代々木を赤く染めろ』と毎日発信していました。

クラブが、選手スタッフたちがあれだけ毎日発信し続けていた中で
応援側としても何か出来ないかと、小旗を80本購入したのが今回。





『だっしゅさんが毎日つくったのかと思った』と言ってきた方もおりましたが、
もう、いい大人なので、お金と時間を天秤にかけて、
お金で解決できるならそっちを取ります。


小旗購入費用に関して。

昨季ホーム最終節にて高橋健介(当時まだ選手)へのサプライズ企画での費用を
多くの方から協力頂いた際の余剰金が13,282円あったのと、
その後、個別に『応援の時に使って下さい』と1,000円頂いたのと、
合わせて 14,282円ありまして。

そこから購入費用捻出しておりますのでその報告。

関連過去記事:
2015/12/12 今季ホームゲーム最終戦でのこと(報告と感謝と)

http://dashurayasu.blog.so-net.ne.jp/2015-12-13-1

17155760_1323858171026247_2115271043087139777_n.jpg

差し引いて現在残り 4,752円 あります。

昨日実際に配ってみて

80本じゃ全然足りない・(×_×)・゚゚

って感じて反省したこともあり、
来季リーグ開幕@代々木に向けて、追加で注文しようと思いましたさ。




購入店舗はここ。

他にも販売店舗はたくさん出てくるも、
在庫を保有している店舗は少なくて(取り寄せ商品で時間かかるなどで)
深夜に注文して、翌営業日には発送してくれました。


ちなみに…
クラブはクラブで、エンブレムの入った応援フラッグを
今季のホームゲームで販売しておりましたので、
来季も販売されていたら、みなさまそちらを買いましょうね(笑)。


帰宅してから数えてみたら 80本全数戻ってきておりました。
こちらも皆様のご協力感謝です。


今後に向けて。

小旗を使う際には毎回回収しますので、
昨日時間なくて出来なかったんですが、
小旗にシールかテプラを張っておきたいので、前述の余剰金から
その費用を出すつもりです。
あとは追加購入分ですね。


20170317_224527.jpg


2017/02/12 での小宮山友祐選手現役引退セレモニー演出について。

ブログ記事を分けるほどでもないので、ついでに書いてしまうと
今季ホーム最終節で使用した 5 のボードについては、
小宮山選手のファンからお申し出があったので、
ボード作成の印刷代など諸経費、前述した余剰金は使用していません。

残っていた方全員に行き届かなかった点は反省ですが、
クラブが入場時に手渡しているアッセンブリと一緒にお願いしてしまうと、
試合前に掲出してしまう方が絶対出てくると思って
試合は試合で集中して欲しかったので、その場で一気に配るやり方を選択しました。
顔が分かる範囲以上の人が集まってる場面において
性善説ではサプライズは上手くいかないと考える側の人間です。


サインをお願いするにはちょうど良いサイズなので
次の土曜日に開催されるファン感で欲しい方がいれば少し持っていきます。
自分もお願いしようっと。


前の7件 | -